ニュージーランドへ短期留学!ニュージーランドの魅力5選

ニュージーランド
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ニュージーランドと聞いて、何を思い浮かべますか?

私は、1ヶ月半の短期留学(ホームステイ)に行く前までは、「羊がいっぱいいる国」ぐらいのイメージしかありませんでした。国の場所すらよく分かっていませんでしたが、短期留学を終えた後は、第2のふるさとのような気持ちです!

のどかで良い国、ニュージーランドへ留学するメリット、良さや見所についての5選をまとめてみました。

 

私がニュージーランドに決めた理由

NZ1

 

ニュージーランドの隣にはオーストラリアがあり、どっちの国へ留学に行くか、迷っている友達も多かったです。

私がニュージーランドに決めたのは、大学で決まっていた留学の日程です(笑)

ニュージーランドは6週間(8月~)で約52万、オーストラリアも6週間(7月~)で、同じぐらいの値段でした。

7月~だと、普通にテストの日程とかぶっていて、申請が大変で…

 

ニュージーランドと、お隣のオーストラリアとの一番の違いは…国の「大きさ」だと思います!

ニュージーランドは日本の約3/4(北海道を除いた大きさぐらい)なので、日本の約20倍のオーストラリアと比べ、観光名所を何カ所も巡る事ができます!(※車かバスが必須です。)

北部も南部も、森やビーチが近く、どちらをメインにしても楽しめると思います。

 

ちなみに私は大学の夏休み期間に行ったので、ニュージーランドは冬でした。

マリンスポーツしたかった…(泣)

季節が日本と逆なので注意です☆

 

治安の良さ

ニュージーランドは、治安が良いので安心です。

世界でもっとも平和な国ランキングによると、

 

第1位 アイスランド

第2位 デンマーク

第3位 オーストリア

第4位 ニュージーランド ←!!!

第5位 スイス

第6位 フィンランド

第7位 カナダ

第8位 日本

第9位 オーストラリア

第10位 チェコ

 

日本やオーストラリアよりも上位です!!

 

私は日本の同じ大学から、10人1組で行ったのですが、その中にスーツケースにお米を入れていた子がいました。

荷物検査にすごい時間がかかってるな、と思ったら、なんとスーツケースを開けられていて、一生懸命説明していました…。

そのぐらいチェックが厳しい=しっかり危機管理をしていて安全、だと思います!

実は私も「サトウのごはん(電子レンジで温めるだけ)」を入れていましたが、密封個包装だったので、セーフでした☆

肉や花火はダメだそうです。

 

到着(または日本へ帰国)するまでにも、免税店でショッピングできる楽しみがあります。

シンガポール経由で行ったのですが、シンガポールの免税店にて、当時円高だった事もありますが、定価で買うと7万円~の、グッチのハートWホック長財布を、4万5000円で買えました♡

留学生受け入れの体制が万全

 

ニュージーランドの大学で、私たち日本人10人は、まず英語のテストを受けました。

その点数ごとにクラスを振り分けられ、だいたい同じぐらいのレベルの、各国からの留学生と共に授業を受けていました。授業は全部英語でした…!

全4クラスで、1クラス20人弱ぐらいでした。

どのクラスも、だいたい日本人2~3人ずつ+他の大学の日本人1人、韓国人2人、中国人5~6人、カタール人3人、他サウジアラビア、インド、ロシアなど、といったメンバーでした!

 

カタールという国の存在を、恥ずかしながらこの時初めて知りました(笑)

中東にあり、石油産業が盛んだそうです。秋田県と同じ大きさらしい!

ほとんどがイスラム教徒なので、授業の途中でも、お祈りの時間が来たら祈りに行っていました。

先生も、何時がお祈りの時間かしっかり把握されていて、万全の受け入れ体制でした…!

彼らとは、サッカーの「ドーハの悲劇」(ドーハはカタールの首都)の話で盛り上がりました。みんなくっきり二重で、長いまつげが印象的でした(笑)

違うクラスの子は、中国人と仲良くなっていて、ニュージーランドのチャイナタウンへ一緒に行っていました!

母国語が全然違う言葉でも、英語さえできれば、異文化交流ができる!というのはとても良い体験でした。

 

また、繁華街に出かけた時に、ラーメン屋さんがあったので入ってみたら、店主が日本人でした。

ワーキングホリデーで来ているそうです。

日本の他の大学から来ている留学グループとも一緒に勉強したり、日本人同士の出会いもありました!

 

豊かな自然と、野生の動物たちが魅力

 

少し話がそれましたが、私はニュージーランドの北部最大都市、オークランドにホームステイをしました。ホストファミリーの家から、現地の大学に通っていたのですが、大学の校内がめちゃくちゃ広かったです!

大学内をバスで移動していました(笑)

とても自然が豊かで、大学内に野生のリスがいました!

街でも、もしかしたら会えるかもしれません☆

 

ニュージーランドは、住んでいる人の数より、羊の数の方が多いのでは…と言われています。

また、ニュージーランドの人の愛称は「キウイ」と言います。かわいい(笑)

国鳥がキウイだからだそうです。

おみやげ屋さんには、羊とキウイのぬいぐるみがたくさん売っていました。

動物たちにやさしい国です。

 

マオリ文化とラグビー大好き

ニュージーランドの先住民は「マオリ」といいます。

国全体で先住民を大事にしている印象を受けました。

 

ニュージーランドの国民的スポーツは、ラグビーです。

世界最強のチーム、ALL BLACKS(オールブラックス)がみんな大好きです。

 

試合の前に、応援やチームを奮い立たせる意味を込めて、「ハカ」という踊りを踊ります。

この踊りは、元々マオリ族が戦いの前に踊っていたものが起源だそうです!

手をたたいたり、足を踏みならしたりしていて、初めて見た時少し面白く感じるかもしれませんが、笑ってしまうと失礼なので注意です。

 

試合のある日は、ホストファミリーの家で、3時間ぐらい一緒にテレビ中継を見ていました!!

最初、ルールがよく分かりませんでしたが、3時間も見ていたらだんだん分かってきました(笑)点が入った時、毎回ばんざいして喜んでいて、とてもかわいかったです。

 

真っ黒な背景に、銀色のシダの葉っぱのロゴが描かれた旗など、街には至る所にラグビーのグッズが売ってあり、お土産にいっぱい買いました☆

 

0円留学ならアーグス

まとめ

1私がニュージーランドに決めた理由

留学をニュージーランドに決めた理由は、大学で決まっていた留学日程の都合と、オーストラリアより国土が小さく、たくさん観光地を回れるからです。

 

2治安の良さ

ニュージーランドは治安が良いです。荷物検査は少し厳しいです。

日本からシンガポール経由で行く為、免税店でショッピングできます。

 

3留学生受け入れの体制が万全

日本だけではなく、世界各国から留学生を受け入れています。

中国などアジア系や、中東系も多い印象でした。

ワーキングホリデーで来ている日本人も多い。

 

4豊かな自然と、野生の動物たちが魅力

野生のリスに出会えたらラッキー!

人の人数より多い羊と、国のシンボルのキウイグッズはお土産の鉄板です。

 

5マオリ文化とラグビー大好き

先住民のマオリ文化を大事にしていて、みんな国民的スポーツのラグビーが大好き!

グッズも種類が豊富。

コメント

タイトルとURLをコピーしました