方向音痴でも大丈夫!ロンドン留学生が感じた魅力ベスト3! 大勢を虜にするロンドンって?

イギリス
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今回は、私がロンドンに4年間留学して感じたロンドンの魅力をランキング形式にして、
ロンドンへ留学したいと思っている方や迷っている方に向けて伝えたいと思います。

 

 

 

一度訪れたら虜になってしまう方続出のロンドン、そんなロンドンならではの良さにハマってみませんか?

 

 

第3位 自然と都会の絶妙なマッチ

知っていましたか?ロンドンの約50パーセントが緑なんです!

 

 

想像では、ロンドンは都会だから公園なんて少ないんだろうと思いがちなんですが、
なんとその逆で、いろんな所に公園や林があるんです。

 

そしてほとんどの公園はとっても広くて圧倒的。

 

ロンドンに住んでる方々は晴れてる日は皆公園に出てきて日光浴をします。

 

 

ロンドナー流の楽しみ方は、ビールやサングリアとポテトチップスを近くのスーパーで買って
レジャーシートなんて引かないでそのまま、広大な公園の草の上に寝転がってのびのびする事です。

 

 

日頃のストレスなんてスーッと消えていってくれます。

 

 

なんでもあって便利な都会と自然の緑が両方手に入ってしまう場所はなかなか無いですが、
ロンドンはそんな夢を叶えてくれます! 私の1番お気に入りな公園はプリムノーズヒルという小高い丘になった公園です。

 

 

丘といっても高さ70mしかないので、ヘトヘトにならず登れます!

 

そこでは、ロンドンを一望でき、
夜には等間隔に置かれたお洒落な街灯が照らす公園とロンドンの夜景が絶景でうっとりしてしまいます。
斜面に寝そべってゆっくりする時間はまさに天国のような気分。

 

 

 

第2位 1番過ごしやすい夏?

そうなんです。
ロンドンの夏は、ヨーロッパで1番過ごしやすいと言われています。
日本の様なジメジメとした湿気が無いのでカラッとしていてとても過ごしやすいです。

 

 

しかも、暑い日が少なく夏のほとんどの日が暖かい春のような天気なんです。
ロンドンの夏は白夜なので日がとっても長いんです。

 

 

21時ごろになってもまだ昼間のような明るさなんて事が当たり前。

 

 

素敵なお天気を長い時間楽しむことはロンドンでしか出来ない特権です。

 

 

よく1年中曇っていて雨が降っているのがロンドンの天気と言われていますが、
意外にもロンドンの夏はbeautiful weather (美しい天気)なんて言われています。

 

 

ジメジメとした夏の日本が苦手な方にとっておきですよね。
実は私も日本のジメジメした夏が大の嫌いで、
夏に日本にいる際はいつもロンドンに飛んで行きたいと願っています。

 

 

ちなみにおすすめは、8月と9月です!
忙しい方や学生の方が夏休みを利用して、
ロンドン短期留学するという事も良く聞きます。

 

 

第1位 方向音痴さんにも簡単!

新しい土地に行くとすぐ迷ってアタフタしてしまう事ってありませんか?

 

 

私も、方向音痴ですぐあーやってしまった!
なんて思いながら迷ってしまうタイプなんです。

 

ロンドンといえば、あの高くてお洒落なバスを思い浮かべると思います。

そのロンドンバスは見た目だけでは無く実用性バッチリなんです。

 

 

バスには、番号が付いていてその番号毎に通る道が決まっています。
また、バス停にはきちんとバスの番号が記載されているので
自分が使うバスの番号を覚えておけば迷わず家に帰ることができます。

 

 

 

方向音痴の方でも簡単にどこにでも行けますよ!
また、行きたい所をマップで調べるときちんと番号が出てくるので、
間違った方向に行って迷ってしまうなんて事がありません。

 

 

また、24時間走っているバスや、夜限定で走っているバスが沢山あるので、
夜遊びしすぎてしまった日にもとっても便利なんです。

 

 

ですが、夜遅い時間に女の子一人で2階に乗るのは危ないので控えてください。
夜は1階で我慢しましょう。

 

□合わせて読みたい

 

早割はこちら!<エアトリ>

□合わせて読みたい

 

まとめ

ロンドンはバタバタソワソワした日本の日常を忘れさせてくれる素敵な世界です。

 

夏になると気候も良く日も長いので
是非午前は仕事や勉強をして夜は遊び開ける、
そして遅くなったら24時間バスで気軽に帰宅なんて夢のような1日を過ごして頂きたいです。

 

少しでも多くの人にロンドンの魅力を伝えられたら嬉しいです。
記事を読んで頂きありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました