イギリス留学の渡航前に要チェック「絶対必要なアイテム7選」とは?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

いよいよ夢だったイギリス留学そして海外生活が始まる!

スーツケースにあれもこれも詰めて・・・って
「荷物が全部入らない!」「これって必要かな?」と誰もが必ず頭を悩ませるもので、出発前はもうドタバタ!

私も初めての長期滞在がイギリス留学でしたが「こんなもの持ってこないで、
あれを持ってくるべきだったああ」と何度も悔やみました。

そんな後悔をしないためにも、
経験者である私が実際に持っていくべきアイテムや
必要アイテムの選別方法などをバシっとご紹介していきます!

忘れたら出入国できない!生活できない!絶対に必要なアイテム

イギリスの入国は世界でも厳しくて有名。ドキドキしますよね~!

これでもか!ってくらい、どんどん質問されることもあるので、しっかり準備して最悪の入国にならないようにしましょう。

まず絶対に忘れていけないアイテムは次の7つ。

パスポート

まぁパスポートがないとそもそも
日本から出国できないので忘れることはないと思いますが、
乗換や機内で紛失してしまわないように気をつけましょう。

海外滞在時にはパスポートが自分のIDになるので、
生活場面でも提示の必要があることも。出入国も滞在中も命の次に大切と言っても過言ではない!

 

ビザや書類関係

留学生なら学生ビザが必要です。
学校からの入学許可証や滞在先の住所など、
留学に関する書類は全て持っていきましょう。

私の友人は書類に不備があり、それはそれは冷や汗もんだったとか。

 

航空券(往復券)

短期学生ビザ以外は帰りの航空券は必須ではなく、
航空券が買える資金証明を求められます。

短期学生ビザは帰りの航空券が必須となりますので注意してください。



 

現金

イギリスでは100円程度でもクレジットカード
またはデビッドカードなどのキャッシュレス払いが主流ですが、
やはり現金は少し持っていたほうが安心です。

私は500ポンドほど現金で持っていきましたが、
そこまでは必要ないかな?という感じ。
また紙幣は5~20ポンドくらいに崩しておいたほうが使いやすいですね。3ポンドのものを100ポンド紙幣で払うと、たまに「え~お釣りないよ」って言われることも。

外貨両替マネーバンク

 



クレジットカード

イギリスに限らず海外ではクレジットカードを読み込まないことが
結構あるので(何度も経験あり)、
クレジットカードは2枚以上持っていると安心!

国際キャッシュカード

Plusマークのついたキャッシュカードがあれば、
イギリス現地のATMで日本の銀行口座から
ポンドで引き落とすことができます。
便利な世の中よね~
株式会社マネーパートナーズ 【Manepa Card】

手数料によっては、
クレジットカードのキャッシングを使った方が
安い場合もあるので、使う場合は
よく注意してね!

変換プラグ’

イギリス現地でも変換プラグはありますが、
電源はすぐに確保したいもの!
やっぱり今の時代スマホの充電がなくなると大変ですからね。

なので変換プラグは最初から持っていくことをオススメします。
一緒に充電ケーブルもお忘れなく!

プラグはマルチに変換できるタイプがオススメです。
イギリス入国前に経由国にて待ち時間がある場合や、
夏休みなど近隣の国々へ旅行に行くことを考えると、
1つでどのタイプのプラグにも変換できるプラグが使いやすくて便利!

以上の7つのアイテムが絶対に最初から持っておくべきものです。

これらさえ持っていれば、出入国ができ現地での生活をスタートすることができるということ!

持っていく・いかないアイテムの選び方とは?

 

荷造りをし始めると、どうしても「あれもこれも~」となってしまいますが、
ここはしっかりと持っていくべきアイテムを選びます。

選び方のコツは、そのアイテムが「現地で買えるものかどうか」で判断するということ!
どうしてこの選別が重要かというと、まずは荷物の重量オーバーの可能性です。

 

ご自身が利用する航空会社やクラスを必ず確認して、
何kgまでの荷物がOKか確認しておきましょう。

荷物の重量オーバーは、はっきり言って大金がかかります!
空港でスーツケースを預けるとおきに超過金なんて言われた日にはもう冷や汗びっしょり・・・

 

だからこそ不要なアイテムは持っていくべきじゃない!
そしてイギリスは日本のようにエスカレーターや
エレベーターの設備が充実していません。

地下鉄などの駅も階段しかないところもあるので、
重すぎる荷物はおすすめしません。
ただし、ここはさすが紳士の国イギリス!
重いスーツケースを運んでいると
ダンディーな紳士が手助けしてくれることもありますが、
やはり荷物は必要最低限にするのがベストですね。

 

(友人にそれきっかけで交際に発展した人もいますが。笑)

 

現地で手に入らない・入りにくいアイテム

今ではイギリスでもさまざまなものが手に入りますが、
それでも現地にて調達できないアイテムがあるのも事実。
こういったものは優先的に持っていけるように揃えていきましょう。

 

もちろんイギリスでも薬は買えますが、
特定の薬や飲み慣れているものがある場合は、
薬・目薬・塗り薬など必ず全て持っていくのがベストです。

薬に限らず、日本産・日本製で使い慣れているものは
現地で手に入らない可能性が高いのでこれらも持っていきましょう。
(例/基礎化粧品、シャンプーやコンディショナー、生理用品などの)
私は現地のスーパーで買ったシャンプーを使ったら、髪の毛がギシギシになってとんでもないことになりました!

 

お土産

 

ホームステイ先が決まっているときはホストに日本のお土産をプレゼントすると、すっごく喜ばれます(&好印象)
また外国人の友達が母国に帰るときなども、簡単な日本の小物などプレゼントできるといいですね。
私は和柄の手ぬぐいや文房具など軽いアイテムを中心に100円ショップで買って持っていっていました。
やっぱ和柄とか日本のアイテムは外国人に人気!
「旅」をテーマにした通販サイト JTBショッピング

ガイドブック

意外と役に立ったのがガイドブックです。

今では電子書籍としてるるぶなどのガイドブックも海外からも読めますが、
ガイドブックなら旅先でのバッテリーやWi-Fiの心配がなく、
みんなで地図を広げながらワイワイと旅行が楽しめましたね。

by カエレバ

 

 

余裕があれば持っていきたいアイテム


ここからは現地でも買えるけど、
すでに持っているアイテムなら
日本から持っていくとなかなか役立つアイテムです。

衣類、下着
化粧品
靴(サンダルからブーツまで)
防寒具(手袋、ヒートテック、カイロなど)
折りたたみ傘
サングラス

パソコン、タブレット
モバイルバッテリー
SIMフリーのスマートフォン
変圧器

エコバッグ
洗濯ネット

日本食や調味料
タッパー
お箸、菜箸
食器(プラスチック製が軽いし割れにくいのでおすすめ)
タンブラー



<意外と役立つ>
S字フック
ハンガー
部屋干し用ロープ

まとめ

まずは絶対に必要なアイテム7つ
1. パスポート
2. ビザや書類関係
3. 航空券(往復券)
4. 現金
5. クレジットカード
6. 国際キャッシュカード
7. 変換プラグ

それから現地で買えないものを優先的に
必要アイテムと考え荷造りをスタートしましょう。

経由国がある人はロストラゲージの可能性も考えて、
手荷物で数日分の着替えや化粧品などを持っていると安心です。

ロシア経由で入国した友人はスーツケースが行方不明になってしまい、
数日は着替えなし風呂なしになってしまった子も・・・
無事に戻ってきましたが、到着早々バタバタするのは嫌ですよね~

荷物がそろったら必ず重量をチェック。重量オーバーにならないように気をつけます。
持って行きたかったものを諦めて、現地でいろいろ買うことになったとしても、
日本に帰国するときにはSNSなどを利用して在住者に売ることでもできますよ!

さぁ、いよいよ夢のイギリスの留学の始まりです。

ワクワクと高ぶる気持ちを抑えながらも、しっかり準備して気持ちのよいスタートを切りましょうね!

最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi】

□合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください