ワーキングホリデーで得た!海外に実際来てみてよかった3つのこと

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

wh1

 

これから海外にワーキングホリデーをしに行こうとしているあなた。
もしくはまだ悩んでて海外に行くことを悩んでいるあなた。

現在私はワーキングホリデーで二年目のオーストラリアにて毎日を過ごしています。
今回、私自身がワーキングホリデーを通じ今まで感じたこと、
実際海外に来てみてよかったことをお伝えしたいと思います。
そしてこれをきっかけに多くの若者が海外へ行く何か力になれたらなと思います。

とにかく英語力が伸びる!

 

%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%8a%9b%e4%bc%b8%e3%81%b2%e3%82%99%e3%82%8b-1

 

 

海外で英語を学びたい!ワーキングホリデーで海外で英語を勉強しながら仕事したい!
と考えている人が多いでしょう。

 
実際私はワーキングホリデーをする前の英語力は低く、特にスピーキング力がない状態で
オーストラリアに来ました。こっちに来たらもちろん周りは外国人だらけで、語学学校には日本人もいたがヨーロッパや南米といった全世界から英語を学びに来ている人達が多かったです。

 

 

そうなるとやっぱり英語を使う時間が多く、授業も全て英語になり、人によってはシェアハウスでも英語を使うという生活になります。
初めは本当に大変でした。何を聞かれているのか、どうやって言えばいいのか、
緊張と焦りで笑顔で笑うことしかできませんでした。

 

だけど、こっちにいると英語を勉強せざるを得ない状態になり、
文法は間違っていても、単語や相手の言ったことが自然と理解できるようになります。

 
もちろんそれは日頃の勉強量で英語力の伸び方は様々ですが、
私個人としては日本人と住むことを避け外国人と住んだり、
働く場所も日本人が働く場所ではなく、それも外国人しかいない場所を選んで
常に英語環境に自分の身を置く努力をしました。

 

 

一年が経ち、現在は日常会話程度なら話せるようになりました。

全世界に友達ができる!

%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ab%e5%8f%8b%e9%81%94%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8d%e3%82%8b

 

先ほども述べましたが、全世界から英語を勉強しに来たり、働きに若者がやってきます。
今まで日本にいたら地元の友達や会社内の同僚など、基本的に日常で外国人と接する機会はほとんどないと思います。

 

 

限られたコミュニティーの中で生活をしていた今までとガラリと一気に環境が変わり、
今まで通り日本で暮らしていたら会うことのなかった国の人達と普通にご飯を食べます。
当初は本当に新鮮で分からないなりにコミュニケーションを取り、そこから仲良くなり
一緒に休日遊びに行ったりやバーベキューをしたりしました。

 

 

そうすると自然に外国人の友達ができ、気がついたらFacebookの友達で世界中の国の友達がいました

 

自分に自信を持つ事ができ、人に感謝することができる!

 

wh2

 

一番海外に来て感じた事は、自分自身に自信を持つ事ができたことです。
誰も友達のいない国に行く、そしてそこで生活をする。
最初は不安と期待が混じり合った感情でこっちに来ました。

 

右も左も分からない場所で生活をしていく不安がっていた自分が
いつの間にか環境に慣れ、英語も少しは話せるようになり、
海外の友達も増え、毎日を楽しく過ごす事ができていました。

 

 

それはもちろん自分の成長にもなりましたし、よくやった!と思いますが、
それよりもなにより日本から送り出してくれた家族、友達
こっちで出会った全ての人達が周りにいてくれたおかげで今日も笑って過ごすことができているのです。

 

やるしかない、生きていくしかない状況になると私や皆さんも自分で驚く位の成長をすることができます。

まとめ

これから海外にワーキングホリデーで行こうと考えているあなた
行きたいけど、、、と悩んでいるあなた

海外に来れば毎日の努力で英語力は今より格段に上がります。
世界中に友達ができ、Facebookを通じ交流を深められます。
必死になることで自分に自信を持つ事ことができ、周りの人に感謝することができます。

ワーキングホリデーで知らない国に行く事はとても勇気がいるし、生活できるか不安だと思います。
ですが海外に来ないと分からないことや自分で見て聞いて感じてそうやって人は成長する事が出来ます。

私はオーストラリアに来てたくさんの事を学びました。
たくさんの人達に出会いました。
英語はもちろん、ネットでは絶対に手に入らないものを今も肌で感じ楽しんでいます。

その感じ方、何を得るのかは人それぞれですが必ず何かを得て日本に帰ることができます。

まずはその足を一歩前に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください