一度住んだら帰れない!? シンガポールの暮らしのいいところベスト5

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

shinga1

 

マレーシアからの独立後、たった50年で世界の大都市となったシンガポール。

老若男女を魅了するこのライオン・シティには、毎年多くの観光客が訪れます。

日本から飛行機で7時間弱とアクセスもよく、訪問を考えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、2010年から2016年までに5年半シンガポールに住んだ私が厳選した、シンガポールの暮らしのいいところベスト5を紹介します。 規模は小さいですが、東京よりも暮らしやすいですよ!

 

史上最安のミシュラン・グルメをチョープ!

 

シンガポールには「ホーカーセンター」と呼ばれるフードコートが点在しており、平均200~500円という格安なお値段でシンガポールの伝統的な料理をお腹いっぱいに楽しむことができます。何十年もその道一本でやってきたようなお店で出される料理は、こんなに安くていいのか!?と思うほどの美味です。15分以上並んでやっと買えるような人気店も数知れず…。

shinga2

 

そして今年7月、シンガポールに歴史的出来事が起きたのです。なんとホーカーセンター出身の2店がミシュラン1つ星を獲得しました!

 

アジアではマカオ・香港・日本に続く4国目の快挙です。
• Hill Street Tai Hwa Pork Noodle(Crawford Lane)
• Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle(Chinatown)

 

 

どちらもシンガポールの典型的なフードメニューなので、無数のライバルを差し置いての受賞だったはずです。

 

 

高級レストラン主流のミシュランが掲載した、史上最安のミシュラングルメですよ!星の受賞で開店前からお客さんが並び、ピーク時は1時間弱の待ち時間だそうですが、ミシュラン1つ星の銀座のお蕎麦屋さんのお通しと同じ値段で食べられるわけですから、絶対に並ぶ価値あり。

 

 

ホーカーセンターはエアコンがなくて暑いし、清潔な日本人からすると一見ちょっと汚そうに見えるのですが、政府からの衛生管理度審査を受け、A~C の評価をお客さんに見えるところに掲示することが義務付けられているので意外と安全。

 

5年間ほぼ毎日ホーカーセンターで食べましたが、一度もお腹を壊したことはありませんでした。個人的なおすすめは、マックスウェル・フードコートにある「Zhen Zhen Porridge」というお店のお粥。

 

 

魚から取った出汁で作ったとろとろのご飯に、魚の切り身少々と刻みネギ。秘伝のソースをちょろっとかけていただく絶品。シンガポール人の朝食・ランチにも人気で長蛇の列必至ですので、行くなら朝10時くらいがベスト。午後2時には閉店です。

 

なお、ホーカーセンターで席を取るには、空いているテーブルにポケットティッシュを置くのですが、これがシングリッシュ(シンガポール英語)で「Chope(チョープ)」と呼ばれる行為です。チョープしてから注文に行くのはマナー違反ではありません。正直、ランチタイムにはチョープしないと一生食べられません。置かれたティッシュを意地悪して退かす人や盗む人もいませんのでご心配なく。

 

交通機関アプリ強国シンガポール

 

マイカーがない場合のシンガポール国内での移動手段は主にバス、MRT(電車)、タクシーの3つ。

個人的にこのどれもが日本よりも優秀だと思っています。運賃が安いのに車内が近代的で機能性も高いのが大きな理由ですが、スマホアプリを使用した交通関連のライブ情報発信や予約システムは世界にも誇れるものだと思います。実際に私が使用していたアプリも紹介しながら、その利便性をお伝えしますね!

まずバスについて。

544481

•日本のバスと同等サイズなのに座席数が圧倒的に多く、立てるスペースも広い。ダブルデッカーも走っていますが、座席数は2階だけで40席はあると思います。

EzLinkと呼ばれるパスモのようなカードで支払うと、通常3キロまで約100円の運賃が60円まで割安に。

•ブザーを押して下車するのは日本と同じですが、運転手のアナウンスは皆無ですし、電光掲示板で次の停車駅が案内されることもありません。でもSingapore Street Dictionaryアプリがあれば、今自分がどこを走っているか、次のバス停はどこか確認できます。

•バス停に時刻表はありませんが、ピーク時でなくても15分に1本は来ますし、Bus@Singaporeが現在地付近のバス停とバス路線を検知、次のバスの到着まであと何分か、混み具合はどの程度かまで教えてくれます。

唯一文句を付けるなら通勤・帰宅ピーク時の本数不足でしょうか。朝の田園都市線に二子玉川駅から乗るくらい混んでいますし、雨の日は20分以上待ったあげく1本見送らなければならないこともありましたね。

MRT 地下鉄

次にMRTと呼ばれる無人運転電車すが、日本の東京メトロにあたります。ところどころ地上を走っていますが基本的には地下鉄です。

shinga3

 

 

•ピーク時は1~3分に1本で山手線並みの頻度。
•飛び込み防止のため、多くの駅でプラットフォームにも自動ドアがあります。
•座席数は十分ですし、2列といわず4列分は立つスペースがあります。
•全駅にエレベータあり。
•マイナーな駅でも駅直結の飲食店が多数あり、一人暮らしにはとても便利(シンガポールにはセブンイレブンがありますが、日本のようにチンして食べられる美味しいお弁当類は置いていません)。
•現金、EzLink使用可で隣の駅まで60円!

 

また、席を譲る文化、助け合う文化が日本よりも定着しています。私の大学時代の友人が、ご主人の転勤に1歳未満の女の子を連れて付いてきたのですが、「シンガポールでは階段の上り下りやバス・電車の乗降りに際してベビーカーを手伝ってくれる人が沢山いる。
287b38987e8e0ba74caeca5f79d9076a_s

期待していなかったから驚いたし感動した。日本にはエレベータがない駅すらあるし、階段で後続の人は嫌な顔をする、駅員さんがいたって助けてくれないこともしょっちゅうなのに」と言っていました。

 

タクシー

d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s

 

バスとMRTでシンガポールがほぼ網羅できますが、車じゃないと行きずらい場所はあります。終電を逃したら泊まった方が安かったりする日本のタクシーですが、

 

シンガポールのタクシーはと言いますと:

• 最初の1キロはなんと3ドル=約220円。10分走って400円、30分走っても1,200円程度

東京都内の初乗り料金で20分くらい走れます。

• 2016年の人口570万人のシンガポールにタクシー約3万台。1,300万人の東京に約5万台。

どちらが捕まりやすいかは明らかです。

最大手Comfort Delgroタクシーのアプリでは、出発地と目的地を入力すれば今すぐ予約と事前予約が可能。迎えまでの所要時間(2~7分程度)だけでなく、車ナンバー・運転手の名前・携帯電話番号・現在地まで分かるという優れもの。

 

コンドミニアムが連立するシンガポールで運転手が迷ってしまったような時には直接電話が来ますし、あと5分待ってほしい時にもSMSで運転手さんに連絡できます。

 

 

• 新鋭のタクシーアプリGrabはComfortより運転手へのリターンが大きいらしく、最近ではComfortタクシー運転手でもGrabからの予約を取る運転手が多いです。Comfortにある機能はGrabにすべてある上に、運転手へのフィードバックとして星をつけることも可能です。

 

• 現金、EzLinkカード、クレジットカード、その他提携アプリで支払い可能。
• 定期的に割引コードが送られてきます。

 

 

高速利用時、空港やセントーサ島が到着点・出発点の場合や、ビジネス街やショッピング中心地を通過する場合には別途1~3ドルかかりますが、それでも都内の高速使用料に比べれば安いですね。

 

 

予約に200~600円かかりますが、その便利さを考えれば妥当だったと思います。ただ、クレジットカードへの支払いにはサーチャージがかかるので、空港からは現金(約35ドル)で乗った方がお得です。雨の日は予約が取りにくくなりますが、それ以外の難点はなし! 狭い国なので、同じ運転手さんに2ヵ月に3度当たったことがありましたw。「また会ったね~」なんて言ってくれる陽気な運転手さんも多いです。

Singapore Street Dictionaryアプリは、現在地と目的地の情報から、バス・MRTでの最短ルートと運賃だけでなく、タクシー・マイカー使用時の最短ルートと運賃も計算してくれます。シンガポールでの外出時に使わないことは一度もなかったというくらい重宝しました。超おすすめ交通系アプリです!

 

 

当たり前の格安週末海外旅行

shinka4

シンガポールの好立地は旅行好きにはたまりません。

 

インドネシアのバリ、タイのバンコク、ベトナムのホーチミンまで飛行機で2時間程度。Air AsiaやJet Starなどの格安航空会社が往復1万5千円以下で1日10本以上飛ばしています。

 

 

会社を休まず、金曜夜に出発し日曜夜に帰国することができるのです! 期間限定のセール中に買えば往復5千円なんてことも頻繁にありますよ。日本からバリまで最安を探そうとすると、航空会社は中華系もしくはマレーシア系で最低でも往復5万円ですから、とても比較にはなりませんね。

 

 

ゴルフ好きには特に好条件が揃うのがシンガポール。マレーシアのジョホールバルまでは渋滞がなければなんと車で1時間。フェリーで45分行けば、インドネシアのバタム島でキャディー付き18ホール1万円のゴルフを楽しむことができるのです。

 

 

ゴルフ好きの駐在員の方々は「もう夢のようだよ~、日本に帰りたくないよ~」と、この安くて優雅な暮らしを愛していましたね。また、スキューバダイビングのメッカ、マレーシアのティオマン島まで2泊3日の船の旅、なんていうのもダイバーにとってはおいしすぎる話です

 

 

さらに、シンガポールは東京23区ほどの大きさしかない小さな国ですので、どこに住んでいてもチャンギ国際空港から自宅までタクシーで1時間以内。日本のように、疲れているのに成田空港から家までバスで2時間、電車は早いが混んでるのにスーツケースがあって気まずい…なんてことはありません。

 

 

私はシンガポール中部に住んでいましたが、片道30分でした。「もうシンガポール往復で航空券を取ってしまった!」という方も、1週間程度あればもう1国楽しむことは十分可能です。逆にシンガポールだけで1週間はちょっと長すぎると思います。

 

 

超安全都市シンガポール

 

84cf55ed1af0df4614287d00be19875d_s

 

とても安全と言われるシンガポール。その実態はどうか言いますと、日本よりはるかに安全です。

 

とある犯罪発生率調査の対象国118ヵ国中、シンガポールは117位。日本は114位でした。

 

たいして変わらないじゃんと思われるかもしれませんが、忘れてはならないのがシンガポールは多民族・多宗教国家であるという事実。一言でシンガポリアン(シンガポール人)と言っても、中華系・インド系・マレーシア系と異なる民族が構成するこの国。

 

 

アラブ系の移民も多く、アラブ・ストリートと呼ばれるエリアまであります。英語・中国語を含む4ヶ国語が公用語とされ、仏教徒・ヒンズー教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が、街でも学校でも職場でも入り混じっているのです。

 

 

 

5年半で一応民族間の争いと呼べる事件を見たのは一度だけでしたが、その一度はシンガポール生誕48年目にして史上初の暴動でした。事のはじまりは中国人ドライバーが運転する小型バスが、リトルインディア付近でインド人青年を轢いてしまったこと。インド人が集結し、小型バス(ドライバーと乗客は避難済み)を力で転倒させ火を付ける、というものでした。私は当時その通りが真下に見えるマンションに住んでいましたが、3~4時間で終着。翌日は何事もなかったような平穏さ。

 

 

この事件をきっかけにインド人と中国人が言い争うようなシーンを見ることもありませんでした。そもそも政治・宗教に関わる発言が厳しくコントロールされていることと、デモをするにも決まった場所で予約制であることなども関連しているとは思いますが、最近のテロのニュースを見ると、決まって思い出すのはシンガポールの平和です。こんな小さな逃げ場のないような国で、生まれた時から多民族と共に生活し、お互いを受け入れることのできる国があるのになぁ、と。

 

 

また、シンガポールは薬物・麻薬の乱用が世界一少ない国でもあります。見つかれば刑務所で最長10年か150万円の罰金です。そして銃犯罪にいたっては皆無。なぜなら銃の所有だけで投獄とむち打ちの刑(冗談ではありません)で、犯行目的の発砲ともなると死刑だからです

 

shinga5

いたって普通のオフィスカジュアルだったのに、日本では3年の間に田園都市線と埼京線で二度痴漢にあった私ですが、シンガポールではどんなに混み合った車内でも痴漢にあったことはありませんでした。練馬に住んでいた頃には早朝の自宅付近でスカートめくり被害にもあいましたが、シンガポールでは深夜に背後を気にして歩くことは一度もありませんでした。

 

日本の携帯カメラのシャッター音がマナーモードでも消せないのには、ちゃんと理由があるんですよね…。バーやクラブが集まるエリアで泥酔してたり、ナンパしてたりするのは大抵シンガポリアンではありません。シンガポリアンはほとんどお酒(値段が高いのも手伝って)飲みませんし、仕事が終わったらすぐ帰宅するファミリータイプが大多数です。[br num=”1″]

 

 

551303

 

また、タクシーの車内に携帯を2回忘れたことがありましたが、2回とも戻ってきました。そのうちの1回は、電話に出た運転手さんが「今日はもう上がりだから、今から家まで届けてあげるよ」と無償で助けてくれました。突然後ろから女性に声をかけられ、「バッグが開いたままよ」とか「スカートがバッグでめくれちゃってるわよ」と教えてもらったこともありました。[br num=”1″]

 

 

ちなみにシンガポールは「Fine City」として知られていますが、実はFineという単語に二重の意味を持たせています。一つは「素敵な都市」そしてもう一つは「罰金都市」。

 

 

チューインガムを噛めば1,000ドル、鳩にエサをやれば500ドル、公共トイレで流し忘れたら150ドル電車内の飲食で500ドルなど、日本では当たり前のことにも罰金が科せられるのには、やはり多民族国家であることも影響しているのだと思います。

007780

 

食べ方のマナーだって様々ですからね。ドリアンの車内持ち込みも禁止でしたが、これは正解。本当に臭いですからw[br num=”1″]

 

女性にやさしいビーサン文化

赤道直下で暑くスコールも多いシンガポールでは、ビーチサンダルで歩く男女をよく見かけます。高島屋などの高級デパートやレストランでもビーサン禁止とした瞬間に顧客が激減するだろうというくらい、ビーサンはシンガポール文化の一部です。

勝手な推測ですが、子供から大人まで用途別にビーサン3足は持っているんじゃないでしょうか。足が蒸れない、靴下代が浮くなど、すでに利点の多いこの文化、実は女性には特にやさしい。なぜでしょうか?

shinga6

それは多くの企業で「ローカル女性はビーサンで出勤できる」というのが暗黙の了解になっているからです! 雨の日だけという条件はありませんので、オフィスワークである限り年中ビーサンで通勤可能なのです。

日本人駐在員の女性は他の駐在員の目を気にしてか、ビーサン通勤はしていませんでしたが、現地採用だった私の雇用条件はローカルのシンガポリアンと一緒でしたので、胸を張ってビーサン履いてましたね。

デスクの下にヒールを何足か収納し、着いてから履き替えるのが習慣でした。徒歩とバス通勤で会社まで40分弱でしたが、ヒールで歩いたり走ったり、足に負担を与える時間が大幅に短縮されたので、靴擦れやマメとは完全に決別。外反母趾に関しては日本で働いていた時よりも改善した感じさえしました。

ある日、社長が「ビーサン通勤禁止令」を出そうとしているという噂があり、シンガポール人女性社員が入ってこなくなることを恐れた部門長クラスが反発。結果、施行には至らなかったという事件がありました。ビーサン文化、侮るなかれです。ただしビーサン通勤は女性だけの特権であり、男性はシンガポリアンでもちゃんと靴出勤でした。男性の皆さん、ごめんなさいネ…。

また、シンガポールではストッキングを履く女性がほとんどいません。生足です! だからこそビーサン文化が成り立つんですねw

まとめ

東南アジアと世界を結ぶシンガポール。この国が栄え多くの人に愛される理由は、このように日常生活の中にもあるものなのです。市街地を走る夜のF1、丸一日遊べてしまう空港など、まだまだ沢山あるシンガポールの暮らしのいいところ、皆さんもご自分で是非見つけてみてください!

「一度住んだら帰れない!? シンガポールの暮らしのいいところベスト5」のまとめ

1. 史上最安のミシュラン・グルメをチョープ!
• ホーカーセンターでは500円以下でシンガポール伝統料理が楽しめる
• ホーカーセンターの2店がミシュラン1つ星受賞―史上最安のミシュランの味
• 政府の衛生管理度審査で安全保障
• マックスウェル・フードコート「Zhen Zhen Porridge」のお粥も絶品
• 空いているテーブルをポケットティッシュで「Chope(チョープ)」してから注文へ

2. 交通機関アプリ強国シンガポール
• マイカーなしで移動するならバス・MRT(電車)・タクシーを利用
• 交通関連のライブ情報発信や予約システムはスマホアプリで
• バス・MRT(電車)・タクシーともに日本よりも低料金
• 特に役立つ交通系アプリはSingapore Street Dictionary

3. 当たり前の格安週末海外旅行
• 好立地で週末に海外旅行―金曜夜に出発し日曜夜に帰国
• 東南アジア諸国への格安航空券豊富
• 車・フェリーで国境越えキャリー付き格安ゴルフやスキューバダイビング
• チャンギ国際空港からタクシーで1時間以内に自宅着

4. 超安全都市シンガポール
• 多民族・多宗教国家にも関わらず、日本より低い犯罪発生率
• 処罰厳重のため薬物・麻薬の乱用が少なく、銃犯罪は皆無
• 女性一人でも深夜に出歩ける
• 忘れ物も(絶対ではありませんが)返ってくる
• 「Fine City」には「素敵な都市」と「罰金都市」の二重の意味

5. 女性にやさしいビーサン文化
• ビーサンは老若男女問わず、シンガポール文化の一部
• 高級デパートにも自信をもってビーサンで
• ローカル女性は年中ビーサンで出勤できる(男性は靴)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください