オーストラリアにワーホリしている人の家の探しかた2パターン

オーストラリア
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ab19671b9517a3fa252a03c583c50122_s

これからワーキングホリデーでオーストラリアに行こうと考えているあなた

最初はホームステイを利用する人が多いと思いますが、1ヶ月〜3ヶ月の
ホームステイが終えたら自分で探して住む家を見つけなければなりません。

日本では自分で不動産屋に足を運び、物件を紹介してもらい見学して契約の流れですが、
基本的にオーストラリアにいる日本人含め、世界中から来る学生やワーホリは
色々な方法で家を探して住んでいます。

そしてオーストラリアは日本と違いシェアハウスで生活をするのが普通です。

それでは一つずつ説明したいと思います。

日本人向けのサイトを使う

 

f5b0810e23fdbc18724e04e6383153c6_s

 

 

オーストラリアにはこちらに住む日本人向けの情報サイトで各都市に特化したサイトがあります。

 

日豪プレス(http://nichigopress.jp/) オーストラリア全体サイト
Cheers(http://www.cheers.com.au/) シドニー専門サイト
Go!豪‼︎メルボルン(http://www.gogomelbourne.com.au/) メルボルン専用サイト
JA NEWS(http://www.janews.com.au/) 西オーストラリア専門サイト

 

 

 

など、家探しにはもちろん、それ以外の暮らしていく上で役立つ情報がたくさんあります。
特に日豪プレスはオーストラリア全体の総合サイトで、家を探す際、多くの日本人は
こちらのサイトを使っています。
そしてこれらのサイトに投稿されている物件情報はほとんど住んでいるのは日本人なので、英語に不安を覚える人には最適のサイトだと思います。

自分の住む街で検索してもらい、家の場所、家の外観・内観、設備等の情報を見て、
気になったらその家のオーナーの連絡先に連絡をし、実際にインスペと呼ばれる
下見をします。

ここで注意してほしいのは、サイトの情報と実際の家を見て差がないのかを確認してください。
例えば、まずレント(家賃)の確認です。一番大事な部分ですのでちゃんとオーナーに確認してください。

また、家によってはトイレットペーパーや洗剤など、オーナーが定期的に補充してくれる場所もあります。なので自分が見る家はそういったことが含まれているのか、自分で用意しなくてはならないのかを聞いてください。

その他にも

・電気代、水道代はレント(家賃)に含まれているのか
・Wi-Fiは使えるのか、通信スピードは速いのか
・何人住んでいて、どんな人たちなのか
・室内は綺麗に保たれているのか

を必ず自分の目で見て、オーナーに聞いたりして判断してください。
私自身は日本人と住みたいと思わなかったので実際日本人向けサイトを使ったことはございません。聞いた話で、人によっては住んでみたらキッチンが汚い、鍵が開けっぱなしなど、住む前とのギャップがひどくすぐに引越しをしたという人もいます。

手間がかからないように、ちゃんと住む前にチェックすることをオススメします。

外国人向けのサイトを使う

これから来る人の中には、日本人とは住みたくない、
英語を勉強したいから外国人と住みたいと思っている人も多いでしょう。

その人たちへオススメするサイトは

Gumtree(http://www.gumtree.com.au/)です。

先ほど挙げた日本人向けの外国バージョンのようなもので、
住まい探しから仕事の求人、物の売り買いも出来るサイトです。

060952

 

こちらも探し方は同じで住む街の家情報を検索します。
ですが、記事の内容は全て英語で書かれています。
一見大変そうに見えますが、
今は携帯の翻訳アプリで簡単に日本語に変換出来るので問題は無いでしょう。

 

家のオーナーにメールで連絡をし、家の内覧をします。
日本語であれば簡単に聞きたいことが言えるのですが、ここはそうもいきません。
聞きたいことを事前に英語でメモをして準備するといいでしょう。

 

118282b

 

私が家探しをする時はいつもガムツリーを使って探します。

その際いつも聞くことは、
・レント(家賃)はいくらでいつ(毎週、隔週)払えばいいのか
・何人が住んでて何人いるのか

くらいです。そこまで正直聞くこともなく、キッチン周りが綺麗なのか、
シャワー室は綺麗なのかを確認し、住むのかを判断します。

 

 

以前ゴールドコーストのシェアハウスにいた時は、最高で9人一緒に住んでいて
韓国、ブラジル、インド、タイ、ドイツ、日本人の多国籍が集まった家でした。
やはりこれだけいると問題なのがキッチンが汚いとか、食器を片付けないとか、

 

 

一番びっくりしたのは、トイレに置かれているゴミ箱にお尻を拭いた後の汚いトイレットペーパーが捨ててあったことです。

 

095200

 

犯人を調べたところ、ブラジル人がやったとのことでしたが、
実はブラジルではそうするのが一般的なんだと言われびっくりした経験があります。
多国籍な分、色々な文化や食事、国民性もを学ぶことができました。

 

 

いい条件で安い物件は人気があるので、早めに連絡を取り、
できたら内覧してすぐに決めた方がいいと思います。

外国人と住みたい人にはオススメのサイトです。英語も学べ、友達も作れて一石二鳥です。

まとめ

1 英語が苦手な人は日豪プレスのような日本人向けサイトで探す

2 英語力を伸ばしたい、せっかく海外に行くなら外国人と住みたい人はGumtreeを使って探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました