もっと効率的に勉強したい!!留学中の英語上達法4選!!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

e1

 

念願の語学留学!!よーし、たくさん英語を勉強して、ペラペラになって帰るんだ!!と意気込んで留学したものの、海外の生活にときめき、勉強そっちのけで遊んでしまう学生も結構多いのが現実・・・。

 

 

語学留学先で知り合った日本人で、留学に来た初めは「通訳になりたいんです!!」と意気込んでいたものの、時間が経つにつれて段々と勉強しなくなり、学校もさぼり気味で遊びほうけていた・・・なんて人も少なくありませんでした。

 

今でも語学学校で知り合った友人たちとは交流がありますが、正直英語をしっかりと話せるようになって帰ってきているのはほんの一握りです。

 

 

周囲の人からは「留学に行った=英語が話せるのが当たり前」だと思われている節がありますが、絶対にそんなことはありません!!いくら語学留学をしたところで、英語に慣れることあるでしょうが、みんながみんな英語ペラペラで帰ってくるとは限りません。残念ながら、むしろそんな人は少ないかもしれません。

 

 

 

せっかく海外に行って、生の英語を聞く機会を得たのだから、たくさん吸収して日本に帰った時には「英語?まぁ、話せるよ~」なんて言ってみたいですよね。今回は、留学中に私が行った英語の勉強方法についてお伝えいたします!!

 

 

 授業中はとにかく発言をする!!

 

e2

 

 

留学中にとくに印象的だったのが、日本人学生が授業中に全く発言をしようとしないこと。先生が、しびれを切らして名指しで当てても、モジモジして「んー・・・I don’t know・・・。」という感じでその場を乗り切ろうとする人が多数いることに驚きました。

 

 

ほかの国の学生さんは、分からなくてもわからないなりに自分の意見をきっちり主張しますし、うるさいくらいに発言してくれて、授業を進めてくれます。

 

 

しかし、日本人のお国柄なのか、自分の考えを言えなかったり、自己主張ができない学生さんが多くいます。授業中は、どんなに間違った発言をしてもいい場所で、英語の一番の練習場所なのです。

 

 

 

例えば、留学中はレストランやカフェでも英語でオーダーし、自分の欲しいものを買わなければいけません。ここで英語を間違えたり分からなかったりすると、自分の欲しいものがオーダーできずに帰ってくる・・・なんてことだってあるかもしれません。

 

 

 

しかし、授業中は英語の表現が分からなかったり、どう発言をしたらいいのか分からなくったって、とりあえず発言してみるんです!!「言い方が分からないけど、こういうことが言いたいんだ」とたどたどしい英語で言ってみてると、「この場合はこういう表現を使うのよ」と丁寧に教えてくれます。

 

それが授業だと思うので、授業中は失敗ありきで恐れずにどんどん発言してみましょう!!

 

 

私は、授業中の発言が多すぎて、先生に「きみは少し黙ってて。他の人が発言してないじゃないか。」なんて言われることもありました(汗)。

 

 

でも、発言チャンスは自分で作るものだと思って、めげずにいろんな質問をしたし、いろんな意見を発言しました。これが、私にとって英語に対する自信が付いた一番の要因だったことは間違いありません。

 

極力日本人コミュニティから抜け出して、他国籍の友達を作ろう!!

 

e3

 

 

さぁ、授業が終わった!!と語学学校で知り合った日本人と遊びに行くのはちょっと待った!!そこはせめて他国籍の友人を作って、放課後も英語でコミュニケーションを取りましょう。

 

 

留学先で、ほとんどのアジア人は同じ国籍の子とグループを作って放課後も遊ぶ傾向が強いと感じました。せっかくいろんな国籍のクラスメイトが出来たのだから、ここはひとつ、英語でコミュニケーションの練習だと思って他国籍の友達を作ってジャンジャン英語で話してみましょう!!

 

 

語学学校のクラスメイトは、相手も英語を勉強しに来ているわけですからもちろん英語のネイティブではないわけです。間違った英語を話したって、言い方が分からなくったっていいんです!!相手も英語を勉強している身。言いたいことが言えないもどかしさを分かってくれるので、しっかり言おうとしていることを理解しようとしてくれます。

 

 

もちろん語学学校には、ネイティブ並みに英語をペラペラ話せるヨーロピアンの方々がたくさんいます。その子たちとも積極的に話していくとよくわかることですが、ペラペラ完璧に話しているように聞こえて、実は文法がめちゃくちゃだったりします(笑)。ということは、文法が間違っているかも・・・。なんて思ってしり込みしているより、自信をもってとりあえず喋ってみると、意外と話せているように聞こえるのかも・・・?なんて思えたら勝ちです!!

 

 

 

 

放課後に日本人と日本語で「英語やっぱり難しいよね~」なんて話しているよりも、他国籍の友人と「Studying English is harder than I thought, isn’t it!?」なんて会話が出来たらいいですね。英語を話す機会を作るのは自分ですよ。

 

学校以外のカンバセーションクラスを探して参加してみよう!!

e4

 

学校の授業の他にも、現地には調べてみるとたくさんの留学生向けコミュニティが存在します。このコミュニティも大いに活用したいところです!!

 

留学生向けのコミュニティには、ネイティブの講師を招いて、

 

  • 学生たちが一つの議題を立てて英語でディスカッションをしているグループ
  • 現地の伝統料理を英語で勉強するグループ
  • 現地の文化や留学生の国の文化をシェアしあうグループ
  • 授業形式で英語を勉強するグループ

など、本当にいろいろな形で活動をしているコミュニティが存在します。

 

 

授業といえば、先生を主体として進行していくものですが、このコミュニティは基本的に主体が学生だったりボランティア団体だったりするので、いつもの授業とはまた違った形で英語に触れることができます。

 

私が参加していたコミュニティでは、フィリピン人の留学生で英語はペラペラ、ITを勉強しに来ているという人が主体となって、ディスカッショングループを作っていました。

 

週に1度、毎回議題を変えてディスカッションし、ときにはディベートも挟んだりします。もちろん参加者の英語レベルはマチマチ。

 

自己紹介がやっとという人もいれば、ほとんどネイティブ並みの英語力の参加者もいました。発言したいけれどどのように言ったらいいのかわからない・・・という人がいれば、同じ国籍の人が合いの手を出してくれたり、お互いに高めあえるところがいいところです。

 

自分から参加をしているので、みんな勉強意欲が高いです。私の留学時代のモチベーションをあげてくれたのはこのコミュニティだと思っています。

 

 

ぜひ、留学先でいろんなコミュニティを見つけて、参加してみてください!!基本的に無料で参加できるところがほとんどなので、いろいろ顔を出してみるといいかも。

 

もし、自分に合うコミュニティがなければ作ってしまえばいいのです!!どんなコミュニティにしたいのかを考えたら、学校やスーパーの掲示板に貼って募集をかけましょう。周りにも同じように勉強したい仲間がいるはずですよ!!

ランゲージエクスチェンジには気を付けて!!

 

 

e560c83b90620c435f7e7b5dba6db482_l

現地の掲示板やオンラインで、ランゲージエクスチェンジを募集しているのをよく目にします。要は、現地のネイティブに英語を教えてもらう代わりに、こちらの言語を教えるというもの。現地に日本語を勉強したいネイティブも多くいるので、このシステムは非常に有効に思えます。

 

 

しかし、ここで少し注意してほしいのが、募集に応募してくる人の9割が出会い目的ということ・・・・。非常に残念ですが、相手はランゲージエクスチェンジを求めているのではなく、あなたの身体がほしいだけだということが非常に多いです。というか、私の周りはすべてそれで騙されていました。

 

 

男性の方はよくわかりませんが、日本人女性がエクスチェンジの相手を募集する際は慎重になってほしいです。インターネットを使ってのマッチングサイトも存在しますが、相手は出会い系サイトとして活用していることがほとんどです。エクスチェンジがしたいのであれば、先生や友人を介してきちんと身元の分かる相手を探しましょう。男性陣も、犯罪に巻き込まれる可能性も視野に入れ、慎重に!!

 

 

どうしてもエクスチェンジのマッチングサイトを活用したいのであれば、同性を募集しましょう!!・・・まぁ、ほとんどマッチングしませんがね。声をかけてくるのは異性がほとんどです。それよりもクラスメイトや先生、イングリッシュコミュニティを使って英語を勉強するのが一番かと思います。

 

 

まとめ

 

・授業中は一番の練習場所!!間違いを恐れずに、とにかく発言をしましょう!!!

・放課後に日本人とつるむのはちょっと待った!!他国籍の友人を作って、放課後もスピーキングの練習を。他文化に触れるいい機会でもありますよ。

・授業以外にも、イングリッシュコミュニティを活用しよう!!自分にあったコミュニティを見つけて参加してみましょう。

・ランゲージエクスチェンジをする際には慎重に!!身元の知れた相手以外はノーサンキュー!!

 

 

その他にも、バーに行っていろんな人とコミュニケーションを取るのも楽しいです。授業でのインプット勉強も大切ですが、こうやって自分からアウトプットしていく練習が一番効果的かと思いますよ!!

恥ずかしがらずに、色んな人と英語でコミュニケーションを取ってみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください