ワーホリで英語を勉強するために努力したこと2つのこととは?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s

現在私はワーキングホリデーのセカンドビザを使って2年目のオーストラリアにいます。

 

おそらくほとんどのワーホリで来ている人の目標は

 

”英語を話せるようになる”ことだと思います。

 

「1年でどれ位話せるようになるんだろう?」

 

「どうやって英語を勉強したらいいんだろう?」

 

と思っている人が多いと思います。

 

同じ一年間でも英語力の伸びは人それぞれ違い、一年いても話せない人がたくさんいます。

 

今日は実際に私が去年1年間どうやって英語を勉強したのか

その方法と心構えをお伝えしたいと思います。

 

 

日本人環境に浸らない

 

まず英語を学ぶ上で一番しなければならないことは、日本語を使わない環境に身を置くことです。

 

ですが、これが簡単そうに見えてなかなかできないことです。

私はオーストラリアに行ってまず語学学校に2ヶ月間通いました。

その際、やはり日本人が多く、

「日本語を話したくない」と強く思ってオーストラリアに来たのですが、

友達が誰もいない状況で心強く、安心するのはやっぱり日本人と一緒にいることでした。

 

私が語学学校に入学した時に先にもう通っていた日本人の方が何人かいて、

話を聞くと、日本人とシェアハウスで住んでて、恋人も日本人、職場は日本食レストランという人が多く、案の定英語を話しているのを聞いたら

「半年以上いてそのレベルか、、、」

と落胆したのを覚えています。

 

ですが、実際の自分の貫きたい気持ちと行動が噛み合ってない状況に心がモヤモヤしながら毎日を過ごしていました。

「どうしよう、、、授業でしか英語使ってない、、、」

「これじゃ日本帰った時に何の役にも立たないレベルだ、、、」

こう焦る気持ちをどうにかしようと決めたのは、

日本人と住まない働かないということでした。

 

外国人がよく使うサイトで家を探し、日本人のいない家に住むようになり、学校終わりでも毎日英語に触れる環境を作りました。

幸運なことに、そこには韓国やブラジル、インド、ドイツ、タイと色々な国のシェアメイトと住んでいたので、英語の発音も異なるため、色々な英語を学ぶことができました。

 

 

一ヶ月間お金の問題で日本人経営の回転寿司屋で働きましたが、やはり日本語だけの環境に嫌気が起こり、すぐに辞め、オーストラリア人の経営するレストランで働くことができ、そこも色々な国からきた若者がおり、結果的に家でも職場でも英語だけの環境を手に入れることができました。

 

 

自分の身の回り全てが英語教材だ

 

英語圏であるオーストラリアに来たということは、

自分にとって全てが英語の教材になるということに気づいて欲しいです。

 

何気な会話にも聞き耳をたてる

fa9f7cb75c34691e8b43b7a0f1f02da4_s

例えば、ヒヤリング力を伸ばしたいと思っている人は、街で何気なく会話をする人達の会話に耳を立てて聞いて理解してみたりするのも一つの勉強方法です。

私はよくその方法を使っており、特にオーストラリア人が使うネイティブ英語をよく聞くようにしてます。

その中で会話の内容が分からなければ自分のヒヤリング力は低いということで、

それでもへこまずに何回も意識しながら耳を鍛える勉強法を取り入れています。

 

 

 

またスピーキングを鍛えるにはやはり毎日の訓練が必要です。

 

 

シェアハウスではたくさん英語を使って、言いたい事が言えないならどんどん質問して

「どう言ったらいいの?」

「それどういう意味?」

と聞いて学んでいました。

 

同じくワーホリで来ていた今でも仲の良い韓国人が言っていました。

「俺らはネイティブでもなければ、ヨーロッパの人と比べて英語力は低い。だから英語力の高い人と仲良くなって、間違った英語を使ったら直してもらい、相手の言った事が分からなければ分かるまで教えてもらう。こうすることでしか英語は学べないよ

 

 

この言葉が胸に刺さり、それまで以上に質問をして相手の理解を深め、英語を学んでいきました。

 

facebookを利用する

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

今ではFacebookを通じての勉強する方法もあり、

学校や職場で作った外国人の友達とメッセージのやりとりで英語のライティング力もつきます。

なので私はよく何気ない日常会話をメッセージでやりとりしながら

意味の分からない単語や文法がでできたら調べて理解し、

それを自分で使い覚えていました。

特にイングランド人の友達とはよく連絡を取り、

向こうの普段の英語を肌で感じて学べるのが嬉しいです。

 

まとめ

 

これが私の英語を学ぶ上で一番大切にしてきたことです。

いたってシンプルなことで英語はいくらでも勉強できます。話したいことが言えないなら文法は無視して単語を使って相手に伝えるのも大事です。

 

日本人環境にいてはダメとは言いません。オーストラリアで出会えた同じ目標を持つ者同士なのでいいのですが、馴れ合いは良くないです。

ワーキングホリデーでオーストラリアに来た理由を考えつつ、

自分にできることをコツコツ勉強するしか英語を話すことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください