イスラエルのキブツボランティアに行った話 その3 イスラエル到着後ー現地に着くまで

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

さあて、今日は
バスに乗ったところから
書きましょう。

イスラエルの高速バスに
乗るんだけど、結構遠いのですよー

例えば
東京にボランティアオフィスがあるとしたら
高速バスの、乗り場まで行って
そこから東北行きの(仙台方面とか)

北の方行く感じ。

ただ、そんなに人も乗ってないので
日本の高速バスは
もう、仙台行きとか盛岡行きとか
都市に停車するが、

私たちが行くところは、
都市ではなく田舎
とりあえず、運転手に
目的地を伝え、
行ってそこの近くのところの
バス停でおろしてくれと伝える。

そして、
ちょいちょい人が乗ってくるのだが
若い兵隊さんが乗ってくる
最初は男の子だったんだけど

そのうち女の子の兵隊さんも
乗ってくる。
イスラエルの兵役制度があるんですね。

それが、また
イスラエルの女性、全体的に
綺麗なんですよ。
美しい。

男女ともに科せられ、
男性は3年間で女性は2年間兵役
に従事するそう

実際に本当に普通に
バスに乗ってきて、
一番後ろのせきにライフル
を持って普通ーに座ってるから
ビビる。。っていうか
安心??というか

なんとも言えない、
気持ちになりました。

これがイスラエルか!って
いうのを感じます。

そして、そして
夜になって、あたりが
だんだん暗くなってく。

そして、もう
真っ暗だよという
タイミングで。

いよいよ
運転手の人がここだよー
って
いうところで降ろされたんだけど。

え、ここどこ?
国道のような大きな道路の
途中じゃん。
なんにもないじゃん。

私たちが、行くところは
どこにあるの?

偶然にも、同じバス停で
降りたイスラエル人と
思われる若者がいた。

その若者は、
途方に暮れている
オランダ人と日本人の私に
声をかけてくれた。

君たちどこ行くの?
迎えはくるの?

な、なんて優しいーの!
感激してしまった。

私たちは、キブツのHulataということろ
に行きたいんだ。
迎えはくるかどうかもわからない

そしたら、あ、ボランティアの
人たちだね。
今、俺のお父さんが迎えにくるから
乗せてってあげるよ。
そこに住んでるから。

あー助かった。
乗せっててくれるのね。

え、でも大丈夫?
今会ったばかりの人の
車に乗ってもいいの?

これ、一人だったら
乗っていたかな

オランダ人の子と一緒に
きて良かった。

私だけなら、ここで
英語の解釈も間違えてるかもしれないしね

しばらくして、
その子のお父さんが
迎えにきてくれた。

この辺にいる外国人は
ほぼ、100%ボランティアの
人だから声をかけてくれたらしい。

私たちが行こうとしてる
ところまでは、国道的な
道から小道を入ってそっから
とてもじゃないけど
歩いてはだいぶ遠いらしい

しかもその道は公共交通機関
がないため、
車を持ってる人たちが
行き来する時に、
持ってない人たちを
乗っけてあげるシステム
なんだそう!

ともかくやっと
キブツHulataについた。

なんか敷地の中に
ちっちゃな村になってる感じ

日本でイメージ的に
日本にある、米軍基地みたいな感じ

一旦そこに入ると、そこだけの
医者や、保育園や
色々ある。

そして、その敷地内にある
ボランティアの人たちが
いるあたりに
下ろしてくれてた。

でも、もう夜
人はいるのか??

おるおそる
あたりを見渡していると

見た目的に
ヨーロッパ人!!って感じの
若い男子が
歩いていた。

そしてそこで
声をかけ、(かけてもらったのか
覚えてないが)

とにかく
誰か探してくれるという

ボランティアの世話をしている
事務所はしまっていているが
誰かが
鍵を預かっているという。

どうやら、新しいボランティアの
人が二人くるということは
聞いていたらしい。

鍵を持ってた人に
3人部屋に案内され、
そこで、その日は就寝。

バックバッカーで出会った
女の子と同じ部屋だった。

なんだかんだと縁があるなあ。

そして、次の日だったかな
施設の案内をされる

ここが保育園
ここがダイニング(レストラン的なとこ)
ここが医者とか
ここがナイトグラブ的なとこ
あって敷地は結構広かった。

ここには、約400人ぐらい住んでいて
ボランティアは20人??くらいだったような気がする

とりあえず、
すぐ、仕事につかなければいけないので
なんの仕事が
空いてるのか、
できるのかを、ボランティアスタッフと
話しあう。

とりあえず、
ダイニングレストランお掃除
草刈る人
クリーニングの人
鳥や牛?豚?など動物の世話
コールドキッチン
ホットキッチン
保育園を手伝う人
色々あった。

保育園はなかなか空きのでない
貴重なポジションということで
オランダ人のこが
行きたいと言った。

私は、英語に自信がなかったため
キッチンの仕事に着くことになった

コールドキッチンとは
食材をひたすら切るのを手伝う
ってものだ。

ちなみに
ホットキッチンは
切った食材使って
実際に調理するので

現地のイスラエル人と
割と長くいる手慣れた
ボランティアの若者が
そこで働いていた。

コールドキッチンは
まあ、言ってみれば
初心者でもできるので
一番最初につくポジションだった

私は、説明を理解できるか
心配だったので
滞在期間ずっとそのコールドキッチンで
いいと思っていた。

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その1 行った理由から行くまでの準備

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その2 行くと決めてからイスラエルにたどり着くまで

その4に続く

投稿者プロフィール

まゆ
オーストラリアワーキングホリディーやイスラエルのボランティア活動、留学を経て、現在は日本に落ち着きました。
これから、留学を考えてる人のために、自身の経験と私以外の海外経験ある人たちの体験記を載せていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください