イスラエルのキブツボランティア体験記 その4 やったお仕事の話

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今日は キブツボランティアでやった
初めての仕事コールドキッチンの仕事に関して
紹介したいと思う。

まずは、5時集合。
え、慣れない慣れない
あたりは真っ暗。

とりあえず、キッチンに集合して
コールドキッチンの仕切り人は
推定年齢80歳ぐらいのイスラエルの
お婆さん。

なんか強烈なキャラクター。
英語がペラペラなわけでもなく
イスラエル語とドイツ語を
混ぜて話す。

もちろん最初はわからないから
コールドキッチンで
働いているボランティアの先輩
に英語で教わりながらと
あとは、身振り手振りも
合わせて、教えてくれる。

日本では見たことない
食材もあった。

とりあえず、いろんな
食材切ったけど、
あまり覚えてなくて

はっきりと覚えてるのが
トマトときゅうりのサラダ
細かくキューブの形に切るんですね

それで一気に混ぜる。
それをひたすらひたすら切ってました。
なんせ、400人分ですからね。
味は、なんだったかなー
忘れました。
塩胡椒と、パクチー入れてたかな??

キブツでは、ご飯を
大きいダイニングでみんな一斉に
食べるんですよ。

ここに住む主婦は
ほぼほぼ、ご飯作らなくていいんですね。

ここに住んでいる人がみんなこの
ダイニングを利用するんだけど
食事はバイキング形式だから、
食べれる分をとって勝手に食べるという感じ。

毎週金曜日はユダヤの安息日でジャバットと言われる
この日はいつもよりいい服を着て
ディナーを食べていた。

そもそも、ボランティアなので週6日
8時間働かなければならないが、
部屋とか食料とか
作業に必要な作業靴とか
作業着などソロ他生活に
必要なものは与えてくれる。

その上、5千円か1万円くらいの
おこずかいをもらえた気がする
記憶が曖昧。

お小遣いといっても
首から電子チップ的なもの
をブラ下げてそれに、
計上されて、食べるときに
出していた記憶。。
Suicaみたいな使い方
である。

イスラエル料理って
あまり思いつかないかもしれないけど

結構アジア食チックなのがあり
日本人の口にあいました。

あ、仕事の話に戻ります。
コールドキッチンを仕切るおばあちゃんは
私たちに
指示を出すときドイツ語とヘブライ語が
混ざっています。

覚えているのは、
エフォ ハサ?

エフォ ハサと言われたら
レタスはどこだ的な??

これは、ボランティアの先輩
先輩と言っても(年下だが)

エフォ ハサと言われたら
冷蔵庫の中にある
レタスを探してきて
そのボスに渡す。

そんな中、休憩の時間が
確か30分ぐらいあるんだけど
その時間が楽しい。

その80代ぐらいの
ボスの話が面白い。
戦争にいった話になる

銃弾があった話だったり
なんせ、話がぶっとんでて
それをまた冷静に話すから
面白かった。

もちろん、全部全部
理解できたわけではないが
ボランティアのヨーロッパの
若者たちが
説明してくれたりした。

そんなこんなで、私は3ヶ月
このコールドキッチンで働こうと
決めていたのだが、
一度、手を汚してしまって
水仕事ができなくなってしまった。

そこで、やったのが、
クリーニングの仕事。
クリーニングと言っても
一般家庭における普通の洗濯だ。

この共同体の中では
洗濯もやってくれる

ここに到着した時に、
洗濯に出したい服にあらかじめ
番号を振られる

そして、袋に入れて
だすと、クリーニングスタッフが
一斉に洗ってくれる。

もちろん、下着も出していいのだが、
女性は恥ずかしいので
みんな手洗いしてました。

クリーニングのところの仕事は
もう乾いて仕上がってきた
洗濯物を畳んで、
番号順に振り分けるという
作業だった。

まあ、単純な仕事だったけど
水仕事ができるようになるまでに
できた仕事だし
気分転換になった。

結局は私は、滞在期間中
コールドキッチンの仕事と
クリーニングの仕事しかしないまま
滞在期間を終えてしましました。

 

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その1 行った理由から行くまでの準備

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その2 行くと決めてからイスラエルにたどり着くまで

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その3 イスラエル到着後ー現地に着くまで

投稿者プロフィール

まゆ
オーストラリアワーキングホリディーやイスラエルのボランティア活動、留学を経て、現在は日本に落ち着きました。
これから、留学を考えてる人のために、自身の経験と私以外の海外経験ある人たちの体験記を載せていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください