イスラエルのキブツボランティアに行った話 その2 行くと決めてからイスラエルにたどり着くまで

管理人の体験
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

さあ、いよいよ。
イスラエルにホランティアへいくことになったのですが、

その1では、テレアビブにあるキブツのボランティアオフィスを
にいく日を決めたところまで、書いたのだが。。

まあ、もちろん仕事をやめていくわけなんですが
勤続10何年とかのような、正社員なら
止めるのに勇気がいったかもしれませんが

私は派遣社員。次の更新をしなければいいだけのこと。
その会社に迷惑がかからないように
ちゃんと、ある程度の日数の猶予を持って
伝えましたよ。

まあ、でも理由向こうもびっくり!

イスラエルにボランティアって!

ですよねー。
30代前半、人によっては結婚は?
キャリアは?って時に。

まあ、いいんですよ
人によって常識って違うんでね・

私は、私の常識の中で生きているから。
周りの意見なんで気にしない。
気にしてたら、イスラエルなんていけない

ま、横道それましたが、

まずやったことといえば、
飛行機の予約ですね。

その時、イスラエル直行便があったが
どうかは覚えてないですが、
私は、マイレージを使って
行きたかった。

ユナイテッド航空のマイレージ
が溜まっていたので、それを
使うことにする。

ヨーロッパ方面に行ける
空港会社を
調べたらルフトハンザドイツ航空が
同盟関係の航空会社なので
とりあえず、ドイツまでの
行こうって!って決めた。

ドイツに知り合いがいたので
何泊かしてからいくことになった。
ドイツは知り合いが
泊めてくれるって
行ってたので、宿の予約は
しなかった。

そして、問題はイスラエル
どうしよう。
結構私は、海外行く時も
ホテルの予約をせず、
行き当たりばったり
的な旅が好きだったので。

どうしようかと迷いましたが
流石に、イスラエルなので
予約は取っておいた方が
いいなと。

とはいっても普通のホテルではなく
バックパッカー的な
1部屋に4つベットが
あるところを予約しました。

そして、そこのバックパッカー(宿)
の人が空港まで車で迎えにきてくれた。
嬉しい!!

部屋に着いたら、
同室にオランダ人の女の子がいて
その子と話していたら
その子も明日キブツオフィスに行く
予定らしく。

お互い、初めてのところなので
一緒に行こうということになり、
初めてあったオランダ人の
女の子と一緒に行くことになりました。

そして、キブツボランティアオフィスへ

二人で行ったので、一緒に来たのか
思われ、説明も一緒に受けることに
なった。

そして、キブツボランティアに行ける場所の
希望を聞かれた。
細かくは指定できない。

でもざっくり、北方面か
南方面かの場所の希望とか

どれぐらいの規模のところに
行きたいかっていうのを
叶うかどうかはわからないが
一応聞いてくれるらしい。

その場所は、
イスラエルの北から南まで、
何十カ所もあり、
ボランティアを受け入れてる
人数が少人数(数名)から大人数(50名??)
から色々あって、

私の希望はなるべく南。。。(海が近いから)
で、人数は多すぎず、少なすぎず
と希望を出したのだが。。。

結局は、南の方がやっぱり人気で
なかなか、空きがないらしい。

空きっていうのは、各所
ボランティアを受け入れる人数が
決まっているので、
一人ボランティアが終了して
そこから出ないと空きが出ない。

期間ははっきり決まっていなかったが
大体、2、3ヶ月ボランティアは
滞在していた。

だから、ちょうどタイミングよく
空きが出ないと
そこに入れない。

で、ですよ。
私とオランダ人の子が
二人一緒に行ったので、
事務局の人が
せっかくだから
二人おんなじところ
行った方安心なんじゃないかって
提案してくれて。

ま、結局
空きのあったところ
人気のなかったところに
行くことになったんですよ。

そして、登録料
確か、当時100ドル?
まあ、日本円で1万くらい
払った記憶があります。

そして、そこからは
現地までは
勝手にいってねー
と言われ。。

オランダ人のこと
一緒で良かったー!!

私より、年下だけど
なんてったって
オランダ人、英語できる。

なんかあった時、
私のへなちょこな英語
より、100人力だ!

まずは、地元のバスを乗り継いで
高速バスのターミナルに
向かいました。

だって、遠いんだもん。
大丈夫か??
今日中に着けるのか??

心配しながら
バスに乗りました。

続く。。。。。。

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その1 行った理由から行くまでの準備

イスラエルのキブツボランティアに行った話 その3 イスラエル到着後ー現地に着くまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました