イスラエルのキブツボランティアに行った話 その1 行った理由から行くまでの準備

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今日は、もう、だいぶ前のことになるが
イスラエルにボランティアに行った時の
話をしようと思う。

なんせ昔の話で、曖昧な
記憶を呼び起こして書いているので
ぼやっとしています。

なんせ、20世紀の話なんで
申請書類やら、ビザ等の
細かい条件はだいぶ変わっていると思いますので
最新情報は他のところで
ゲットしていただいて

私の話は、あくまでも体験談
として読んでもらえれば
幸いです。

そもそもなんですが、

行った理由

イスラエルに行こうと思った理由は3つ

1.オーストラリアに
 ワーキングホリデーに1年ちょい行ったものの
 期待するほど英語が伸びていない

2.友人がすでにイスラエルのボランティアに参加
  していた。

3.事務系の派遣社員でその先の将来も不透明

まあ、友人がイスラエルにキブツボランティアに
行った経験があり、
その体験談を聞いたのが大元ではあるが。。。。

そもそも、なんで友人がイスラエルに
ボランティアで言ってたかというと
イギリスに留学中に、そのボランティアの
ことを知ったらしいんですよ。

友達が何故言ったのかは
詳しいことは忘れましたが
私は、先駆者がいたので
行くきっかけになったわけです。

確か手紙を送ってくれて、
今ゴラン高原にピクニックできています
とか、
詳しくは覚えてないが
エピソードがいちいち面白かった
記憶がある。

ゴラン高原といえば、
シリア南西部からイスラエル北部のガリラヤ湖東側に広がる高地。
まだまだ、地雷があると言われてるところじゃないか!!

そんな手紙が届いて
興味を持ち始めて。。。
でも、すぐには行かなかったんですよね

やっぱり、イスラエルって危険そう
でも、死海はいってみたいし。

その時中途半端な英語力もなんとか
したかったし。。。。

前に、すぐワーキングホリディーに
オーストラリアに
行った時みたいにすぐには行動しなかった。

でもでも、やっぱり行ってみたい
気持ちがつのり、

ワーホリの時も、年齢制限があったし
このキブツも年齢制限があった

あ、オーストラリアにワーキングホリディー
に行った話は、まだ書いてないので
後に書くかもー

キブツの年齢制限は32歳
私がこの体験話を聞いたのは20代後半だった。

でもでも数年だらだら月日が流れ
31歳の時に、もういくらなら
今しかない!と思い立って、
行くことを決めたわけです。

今思い返しても、よく決断したなって
思います。

なんか、いろんな体験がしたかったん
でしょうね。当時の私は。

それで、いろいろ調べ始める
わけですが、かろうじて
インターネットはありましたが
まだまだ一般的には使ってる人
少なくて情報集めるのには今よりは
大変だった。

行く方法を調べるところから始める

当時行く方法は
2つありまして、
まず、キブツボランティアにどうすれば
行けるのか?

1.日本にあるイスラエル大使館で
 募集されていて、
 何人かと集団で行く方法。

2.イスラエルにあるキブツボランティア
  事務所に直接申し込む方法。

そして、私が選んだのは、
もちろん、直接申し込む方法。

だってだって、日本人と一緒に行ったら
日本語を話してしまうでしょ。
それじゃあ意味がないんですよ。

とりあえず、キブツの事務所に
Emailを出しました。

応募条件は32歳以下で
英語中級以上だった気がします。

特に、英語力のテストしたわけじゃないど
一応英語力なんて
自己申告だったんで、
まあ、キブツの事務所の人と
英語で意思疎通ができてたから
特に問われませんでした。

その時の英語力といえば、
20代前半に
ワーキングホリディーに1年行っていた
ぐらいで1年いってたからって
そんなにベラベラ喋れるわけではなかった
でも耳はかなり慣れてたかな。

その数年後、今でいうシェアハウス
に住んでまして、
そこには外人さんがいっぱいいたので
そこで多少練習する機会は
あったぐらいですが英語力は
ほんと大したことなかった。

まあ、そんなこんなで
私は、イスラエルのテレアビブ
にあるキブツボランティア事務所から
返事をもらい。

実際に行くことになった。
キブツボランティアオフィスには
行く日だけ伝えて、
そこまでは自力で行くことになる。
夜は危ないから、
なるべく午前中にきてって
言われた気がする。

とりあえず、今日はここまで、

その2に続きます!

投稿者プロフィール

まゆ
オーストラリアワーキングホリディーやイスラエルのボランティア活動、留学を経て、現在は日本に落ち着きました。
これから、留学を考えてる人のために、自身の経験と私以外の海外経験ある人たちの体験記を載せていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください